知っておきたい審判用語

レディ 乱打を終え試合を始めるためのコール
○ゲームマッチプレイボール 試合を始めるためのコール
レット サービスされたボールがネットにあたりサービスコートに入った時サービスをやり直すコール
ツー•モア•サービス 第1サービスのやり直しに使うコール。
ワン•モア•サービス 第2サービスのやり直しに使うコール。
フットフォールト サービス(サーブを打つときに)バックラインを踏んだりコートに入った場合。
フォールト 第1サービスの失敗。
ダブルフォールト 第1、第2サービスともに失敗したとき
ダイレクト サービスされたボールをノーバウンドで返球した場合。
アウト 打球がアウトコート、審判台などに触れた場合。
イン 特にコールはしなくて良い。
セーフ 特にコールはしなくて良い。軟式テニスではセーフは使わない。
ノーカウント そのポイントのやり直し。(第1サーブからやり直す。)
タイム プレイを中断させる時のコール。
ノータイム タイムを終えるコール
ネットタッチ プレイ中身体やラケットがネットに触れたときのコール。失点。
タッチ プレイ中、身体などが審判、審判台に触れた時のコール。失点。
ネットオーバー プレー中、身体やラケットなどがネットを超した場合。失点。
スルー ネットの隙間や穴からボールがくぐったときのコール。失点
ボディタッチ プレー中、打球が身体に触れたときのコール。失点
チップ ボールがラケットにかすったときのコール。失点
ツーバウンズ ツーバウンドしてしまった時のコール。失点
ドリブル 2度以上ラケットにボールが当たった時のコール。失点
キャリー ラケットの上でボールが静止した時のコール。失点
コレクション 正審がコールまたはカウントを間違えて訂正するときのコール。
チェンジ・サイズ ポイント終了時のサイド&サービスの交換指示
チェンジ・サービス ポイント終了時のサービスの交換指示
インターフェアー レシーブが終わる前にそのパートナーがサービスが入るサービスコートに入ると妨害になり失点
警告 1回目イエローカード2回目イエローカード3回目レッドカード

監督がコーチできるのはチェンジサイズの時または、ファイナルゲームに入る前に限り認められています。
ただし1分以内です。45秒たったらレッツ・プレイとコールしましょう。

ソフトテニスでは笛を使用しません。すべて、コールとサインで試合を進めていきます。プレイボールやカウントのコールが次のプレーを始める合図となります。大きな声でコールしてください。

  • 最終更新:2017-07-24 23:30:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード